2010年06月04日

黒豚ベーコンの凝縮されたうまみと新じゃがいもの美味しい出会い!! ベーコンと新じゃがいものローズマリー風味

poteto20100604.jpg


こんにちは。高窪です。
あっという間に6月に入ってしまいました。
ここ数日、とても気持ちのよいお天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

5月末に、北海道・瀬棚のファームブレッスドウィンドさんを訪ねてきました!
それはそれは素晴らしい環境の中、心を込め、手間をかけて黒豚を育てていらっしゃる上泉さんご夫妻とお目にかかり、かわいらしく素直なお嬢さんとも仲良くなり…。
また、瀬棚で安全でしかもおいしい農産物を作っていらっしゃるたくさんの生産者の皆様ともお目にかかることができ、さまざまなことを経験し、吸収してきた密度の濃い旅でした。

さて、そんなこんなで5月末の更新が6月にずれ込んでしまって大変申し訳なかったのですが、今回は上泉さんのおいしいベーコンをたっぷりと使った、オーブン料理をご紹介します。
このお料理、今回の旅で生産者の方との集まり(要するに宴会なんですが)で、お料理を作らせていただいた時にご好評をいただいたひと品です。
上泉さんのベーコンのうまみをたっぷりと吸ったジャガイモが、たまらない味わいに。
今からがおいしい、新じゃがいもを使ってぜひとも作ってみてください。

【材料】
上泉さんのベーコン   ・・・ 150g
新じゃがいも(大)   ・・・ 3個

ローズマリー      ・・・ 2/3パック
塩           ・・・ 小さじ1
こしょう        ・・・ 適量

オリーブオイル     ・・・ 大さじ2+100t

【作り方】
1)上泉さんのベーコンは、5o程度の厚さにスライスしてから、食べやすい大きさに切ります。
2)新じゃがいもは皮をむき、8等分に切って水にさらしてからざるにあげます。
3)フライパンにオリーブオイル大さじ2を入れ、熱してから1)と2)を入れ、1〜2分程度炒めてから、塩、こしょう、ローズマリーを入れてさっと炒めてからオーブン用のお皿に全部入れます。
4)3)の上からオリーブオイル100tをかけまわし、180℃〜200℃に温めたオーブンでじゃがいもが柔らかくなるまで焼きます。

【レシピへのひとこと】
うまみが凝縮された上泉さんのベーコンのおいしさと、今が旬の新じゃがいものおいしさが出会った一皿です。ローズマリーの香りが、そのおいしさをさらに引き立てます。ローズマリーはできるだけ生のものを使ってください。オーブンに入れておくだけで出来上がる手軽さも魅力のレシピは、パーティー料理にもぴったりです。
みなさまもぜひともお試しください。
posted by 黒Bグルメ at 11:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

上泉さんの黒豚肉の旨みがポイント! 黒豚肩肉スライスとたけのこの塩味炒め

takenoko2010041.jpg


こんにちは。高窪です。
あっという間に4月も終わりです。
今年の春は気候が不順で寒い日が続いていましたが、やっと暖かくなってきてホッとしています。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、ゴールデンウィークの初日の夜になってしまいましたが、今回は上泉さんの肩肉スライスと旬のたけのこを使ったシンプルな炒め物をご紹介します。
シンプルだからこそ、黒豚肉の旨みが活きる一品です。

【材料】
上泉さんの肩肉スライス ・・・ 200g
たけのこ        ・・・ 150g

日本酒         ・・・ 大さじ2
薄口しょうゆ      ・・・ 小さじ1
塩           ・・・ 小さじ1
ごま油         ・・・ 大さじ2
こしょう        ・・・ 適量
木の芽         ・・・ お好みの量

【作り方】
1)肩肉スライスは、食べやすい大きさに切ります。
2)ゆでたたけのこを、食べやすい大きさにスライスします。
3)フライパンにごま油大さじ2を入れ、熱してから1)を入れ、半分程度火が通ったら2)のたけのこを入れて更に炒め、そこに日本酒を入れて強火で一気に炒めます。
4)3)の水分がほぼ飛んだところで塩と薄口しょうゆを入れて水分を飛ばし、適量のこしょうを入れます。
5)お皿に盛り付け、木の芽を散らします。

【レシピへのひとこと】
今が旬のたけのこと上泉さんの黒豚肉の組み合わせは、シンプルな味付けでその旨みと香りを活かします。仕上がりの色をよりきれいに仕上げるため、薄口しょうゆで味を締めました。シンプルだからこそ、黒豚肉の味が引き立つ一品です。
白いご飯と一緒にいただくのはもちろん、お酒のおつまみにもぴったりな一品です。みなさまも是非ともお試しくださいね。
posted by 黒Bグルメ at 21:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

生野菜と一緒にもりもり食べたい!! カレー・シチュー用黒豚肉を使った簡単焼き豚風

kantanyakibuta12.jpg


こんにちは。高窪です。
3月も半ば、桜の開花予想も出ていよいよ春がやってきます!
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

春を迎えるこの時期、暖かくなるのは本当にうれしいのですが、悩みの種は花粉症。今年は花粉の飛散量は例年よりもずっと少ないそうですが、それでもやっぱり困り者です。

さて、今回は上泉さんのカレー・シチュー用の黒豚肉で、コクのある焼き物を手軽に作ります。
たっぷりの生野菜とあわせて召し上がっていただきたい、一品です。

【材料】
上泉さんのカレー・シチュー用黒豚肉 ・・・ 300g

(A)
テンメンジャン   ・・・ 大さじ1.5
オイスターソース  ・・・ 大さじ2
しょうゆ      ・・・ 大さじ1
紹興酒       ・・・ 大さじ2
こしょう      ・・・ 適量

長ネギ       ・・・ 1本

ごま油       ・・・ 大さじ2

水菜やレタスなどの生野菜 ・・・ お好みの量
ミニトマト     ・・・ お好みの量  

【作り方】
1)長ネギは小口切りにします。水菜やレタスなどの生野菜は水でよく洗ってから水をしっかりと切り、食べやすい長さや大きさに切っておきます。
2)カレー・シチュー用黒豚肉と1)の長ネギ、(A)の調味料をボウルに入れて混ぜ、30分以上、できれば2時間以上置いておきます。
3)フライパンにごま油大さじ2を入れ、熱してから2)を入れ、フライパンに蓋をして途中で肉を返しながら蒸し焼きにします。
4)お皿に1)の生野菜を盛り、その上に3)を乗せます。フライパンに残ったソースと脂も全てかけまわします。ミニトマトなどを添えます。

【レシピへのひとこと】
上泉さんのカレー・シチュー用黒豚肉はおいしい脂身がついていますので、カレーやシチューに使うだけでなく、さまざまな料理に応用できます。
今回は、豚ばら肉の固まり肉で作る焼き豚のレシピを一部アレンジして、短い時間で簡単にできる焼き豚風のおかずにしました。
中華調味料は、なるべく化学調味料無添加のものを使っていただけると、味わいがさらに深くなります。また、オイスターソースが少し塩辛い場合は、テンメンジャンの量を大さじ2まで多くしてください。
下にひいてある生野菜と一緒に召し上がっていただくと、コクのある味とさっぱりした生野菜の味がマッチして、いくらでも食べられてしまう味です。
晩御飯のおかずとしてはもちろん、お弁当のおかずにもぴったりな応用範囲の広い一品ですので、みなさまも是非ともお試しくださいね。
posted by 黒Bグルメ at 11:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

ほっかほかの炊きたてが美味しい!! 黒豚ひき肉のうまみたっぷりの中華風炊きおこわはいかが?

chuukaokowa20100208.jpg


こんにちは。高窪です。
節分も過ぎ、夕暮れが遅くなってきて、春が少しずつ近づいてきていることを感じます。みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

春が近づいてきたといっても、まだまだ寒い日が続いています。
こんなときは、温かい食べものが恋しくなりますね(笑)。

さて、今回は干ししいたけを戻した出汁とごま油が香る中華の炊きおこわに、上泉さんの黒豚ひき肉を入れました。
ほっかほかの炊きたてを味わっていただきたい一品です。

【材料】
上泉さんの黒豚ひき肉 ・・・ 150g
干ししいたけ      ・・・ 4枚
にんじん       ・・・ 中1本

紹興酒       ・・・ 大さじ2
ごま油       ・・・ 大さじ1
しょうゆ      ・・・ 小さじ1
塩         ・・・ 小さじ1/4

(A)
干ししいたけ戻し出汁
紹興酒       ・・・ 大さじ2
しょうゆ      ・・・ 小さじ1
塩         ・・・ 小さじ1/4
※上記(A)をあわせて、520ccにする。


ごま油       ・・・ 大さじ1/2
干し貝柱      ・・・ 3個

もち米       ・・・ 2合
うるち米      ・・・ 1合


【作り方】
1)もち米とうるち米はといでからざるに上げ、水を切っておきます。
2)にんじんはいちょう切り、干ししいたけはスライスします。
3)フライパンにごま油大さじ1を入れ、熱してから1)と黒豚ひき肉を入れ、ひき肉に火が通ったら、紹興酒、しょうゆ、塩を入れて水分をしっかりと飛ばします。
4)炊飯器、もしくは圧力鍋や土鍋に1)を入れてから干し貝柱と3)を上にのせ、(A)を注ぎ入れ、最後にごま油小さじ1/2を入れます。
5)1時間以上置いてから、通常通り炊き上げます。

【レシピへのひとこと】
上泉さんの黒豚ひき肉のうまみがおこわにしみこんで、後をひくおいしさの中華風炊きおこわになりました。干ししいたけや干し貝柱のうまみと香りが、黒豚ひき肉のおいしさをさらに引き立てます。蒸しおこわと違い、炊きおこわは作るのがとても簡単です。あつあつを是非ともご家族で味わってくださいね。
posted by 黒Bグルメ at 13:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

ジューシーさがたまらない! 和風黒豚しゅうまいは、海苔の香りがポイント

201001_11.jpg

こんにちは。高窪です。

新しい年を迎え、あっという間に10日が経ってしまいました。
みなさま、いかがお過ごしですか?

私は昨年12月に体調を崩し声が出なくなり約1ヶ月、しゃがれ声ですがやっと声も出るようになり、健康のありがたさを改めて実感しているところです。
そのため、レシピの更新の間隔が開いてしまって申し訳ありません。
大反省です…。

さて、今回はまたまた上泉さんの黒豚ひき肉を使った、和風しゅうまいです。
内側の海苔の風味がほんのりきいて、おかずにはもちろんお酒のおつまみにもぴったりです。

【材料】
上泉さんの黒豚ひき肉 ・・・ 200g
長ねぎ        ・・・ 1/2本
干ししいたけ      ・・・ 1枚
しょうが(すりおろし) ・・・ 小さじ1
片栗粉       ・・・ 大さじ2
日本酒       ・・・ 大さじ2
しょうゆ      ・・・ 小さじ1
塩         ・・・ 小さじ1/2
のり        ・・・ 全形1.5枚
しゅうまい皮    ・・・ 1袋(24枚入)
練りからし     ・・・ 適量

【作り方】
1)長ねぎと干ししいたけはみじん切りにします。
2)1)と黒豚ひき肉、しょうがのすりおろし、片栗粉、日本酒、しょうゆ、塩をボウルに入れ、よく練り合わせます。
3)のりは全形を1/16の大きさ、半分を1/8の大きさに切り、全部で24枚準備します。
4)しゅうまい皮の上に3)ののりを置き、その上に2)のひき肉あんをのせ、まとめます。
5)蒸し器にクッキングシートなどをひき、4)を蒸します。

【レシピへのひとこと】
上泉さんの黒豚ひき肉のジューシーな味わいを、たっぷりとお楽しみいただけるレシピを、と考えたのがこの和風しゅうまいです。のりを引き込むことで、ほんのりとした磯の香りもプラスされ、いつものしゅうまいとはちょっと違う印象になります。のりとしゅうまい皮が最初はつきにくいですが、包んで数分するとのりがしっとりし落ち着きます。みなさまも是非ともお試しください。
posted by 黒Bグルメ at 05:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。