2009年11月27日

おなかの中から温まる! とろーりおいしい大根と黒豚ひき肉の煮物

daikon200911271.jpg


こんにちは。高窪です。

あっという間に11月末になってしまいました。
ついこの間、ハロウィンの飾りをと思っていたはずなのに、もうクリスマスです。
このまま一気に年末まで走り抜ける感じなのかもしれませんね。

さて、今回は上泉さんの黒豚ひき肉と旬に入った大根の煮物のレシピをご紹介します。
寒さに向かう時期、温かい煮物はお腹の中だけでなく心も温めてくれるうれしいお料理です。
時間もかからずさっと作れるのに、おいしさは格別です。


【材料】
上泉さんの黒豚ひき肉 ・・・ 180g
大根        ・・・ 長さ15cm〜18cmくらいの分
しいたけ      ・・・ 4枚
出汁   ・・・ 400cc
※顆粒だしは塩分があるためにお勧めしません。鰹節や昆布などでとった出汁をお使いください。
日本酒       ・・・ 大さじ2
塩         ・・・ 小さじ1/2
薄口しょうゆ    ・・・ 小さじ1.5
水溶き片栗粉    ・・・ 適量

【作り方】
1)大根は5〜6cm程度の長さに3等分したあと、皮をむき、8mm角程度の拍子木切りにします。しいたけは、湿らせたクッキングペーパーで汚れをふいた後、いしづきを切ってから5mm〜6mm厚にスライスします。
2)1)の大根と出汁、日本酒を鍋に入れて火にかけ、大根に透明感が出るまで沸騰してから6〜8分程度煮ます。
3)2)に塩、薄口しょうゆを入れてから、黒豚ひき肉を入れて煮ます。あくが浮いてきたらとりましょう。
4)3)のひき肉に火が通ってから、1)のしいたけを入れて一煮立ちさせます。しいたけに火が入ったところで水溶き片栗粉を入れて、とろみをつけます。

【レシピへのひとこと】
今まさに旬を迎えようとしている大根に、上泉さんの黒豚肉のうまみをたっぷりと合わせたレシピは、とてもやさしい味わい。
寒い日だけでなく、ちょっとお疲れ気味のときにもお勧めの簡単でおなかにもやさしい一品です。
煮始めてから出来上がりまで20分かからないので、これから年末にかけてのあわただしい季節に、ぜひともお試しください。
posted by 黒Bグルメ at 12:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

アツアツをさくっと召し上がれ! 巻き巻きヒレカツでみんなニコニコ♪

hirekatsu1.jpg


こんにちは。高窪です。

明日で10月も終わりですね。
街中にあふれるハロウィンの飾りに、季節の移り変わりを感じています。
11月に入ると、ますます日暮れも早くなり、今年も終わりに近づいていると実感するだろうなぁと感慨にふけっている最近です。

さて、今回は上泉さんのおいしい黒豚ヒレ肉を使った、ヒレカツのレシピをご紹介します。
ちょっと目先を変えるだけで、味のバリエーションは無限。
家族みんなが喜んでくれること、間違いなしのレシピです。


【材料】
上泉さんの黒豚ヒレ肉 ・・・ 300g(10切れ)
大葉   ・・・ 4枚
梅干        ・・・ 2個
卵        ・・・ 1個
小麦粉       ・・・ 適量
パン粉       ・・・ 適量
塩・こしょう     ・・・ 適量
揚げ油       ・・・ 適量

【作り方】
1)黒豚ヒレ肉4切れは、肉たたきで薄く大きく伸ばします。あとの6切れは軽くたたいて塩・こしょうします。
2)1)で薄く大きくたたいたヒレ肉に大葉を敷き、その上にたたいてペースト状にした梅干の果肉をおいてから、くるくる海苔巻きのように巻き、塩・こしょうします。
3)1)、2)のヒレ肉に、小麦粉、卵、パン粉の順で衣をつけます。
4)180℃程度の揚げ油で、こんがり揚げます。

【レシピへのひとこと】
ヒレ肉を、シンプルなヒレカツだけでなく、ちょっと味を変えてみようと思って作ったレシピです。
中に巻くものは、梅肉だけでなく、チーズなどを巻いてもおいしくいただけます。
上泉さんのヒレ肉は、柔らかくジューシーで旨みもたっぷり。
そのおいしさを、さまざまな味でたっぷりと味わってみてくださいね。
posted by 黒Bグルメ at 11:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

大人も子供も大好き! 野菜たっぷりの酢豚

subuta200910091.jpg


こんにちは。高窪です。

それにしてもすさまじい台風でしたね。
前日から食料を買い込み、昨日は一歩も家から出ずに過ごしました。
午後からは、台風一過の青空でしたが今朝まで風がすごかったですね。
みなさまはいかがお過ごしだったでしょうか?

さて、今回はカレー用の黒豚肉を使った、野菜たっぷりの酢豚をご紹介します。

【材料】
上泉さんのカレー・シチュー用黒豚肉 ・・・ 300g
(A)
しょうゆ      ・・・ 大さじ1
日本酒       ・・・ 大さじ2
塩         ・・・ 小さじ1
しょうが      ・・・ 1片(すりおろします)
こしょう      ・・・ 2〜3振り程度

片栗粉       ・・・ 適量

玉ねぎ   ・・・ 1個
にんじん   ・・・ 1本
カラーピーマン   ・・・ 1個
れんこん   ・・・ 150g
たけのこ   ・・・ 100g
干ししいたけ ・・・ 3枚(戻したもの)
※なければ生のしいたけでもOKです。

(B)
日本酒       ・・・ 大さじ2
だし(または水)  ・・・ 200cc
純米酢       ・・・ 80cc〜100cc
しょうゆ      ・・・ 大さじ2強
塩         ・・・ 小さじ1
さとう       ・・・ 大さじ2強

水溶き片栗粉    ・・・ 適量

揚げ油       ・・・ 適量


【作り方】
1)上泉さんのカレー・シチュー用黒豚肉はボウルに入れ、(A)の調味料を混ぜてもみこんでおきます。
2)たまねぎはくし切り、にんじん、カラーピーマン、れんこん、たけのこは乱切りにしておきます。
3)2)の野菜は素揚げ、1)にたっぷりめに片栗粉を入れてまぶし、揚げます。
4)フライパンに(B)をあわせたものを注ぎ入れ、熱くなったら水溶き片栗粉を加えて、とろみをつけます。
5)4)に3)を入れてからめます。

【レシピへのひとこと】
カレー・シチュー用に角切りされた肉に下味を付けて、野菜がたっぷり摂れるおかずに仕上げました。
上泉さんの黒豚肉が持つ、旨みたっぷりのやわらかな味わいがたまりません。
だしを使うことにより、家庭料理ならではのやさしい味わいに仕上がります。
顆粒だしには多量の塩分が含まれており、またうまみ調味料やエキス分でえぐみのある人工的な味がありますので、使わないことをおすすめします。
もし、顆粒だししかない、という場合は水でも大丈夫です。
お好みの野菜をささっと素揚げして、材料に加えてもおいしいです。この週末の夕食に是非ともお試しください。
posted by 黒Bグルメ at 12:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

お知らせです♪

こんにちは。高窪です。
今日はお知らせです。

同じシーサーブログで、オリジナルレシピや日々のこと、おもてなしのこと、クッキングサロンM&Yのことなどをお知らせするブログ
高窪美穂子のハッピーライフレシピを開設いたしました。

お時間があるときにのぞいていただければうれしいですぴかぴか(新しい)

上泉さんの黒豚を使ったこのレシピブログも続けていきますので、両方のブログをどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 黒Bグルメ at 14:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

いつものおかずがボリュームアップ♪ 豚肉入りのきんぴらごぼう

kinpira20090907312.jpg


こんにちは。高窪です。

9月もなかばになり、日ごとに秋らしくなってきましたね。
我が家の近所の秋祭りも一昨日で終わり、
気分的にも、秋がやってきたなぁと実感しています。
みなさま、体調など崩されていないでしょうか?

さて、秋といえばみのりの秋、そして行楽の秋。
そこで今回は毎日のおかずにも、お弁当のおかずにも大活躍間違いなしのレシピをご紹介します。

【材料】
上泉さんの黒豚もも肉 ・・・ 100g
ごぼう   ・・・ 1本
にんじん      ・・・ 1本
※ごぼうと同量、もしくは少し多めの量をお勧めします。
ごま油       ・・・ 大さじ2
日本酒       ・・・ 大さじ2
みりん       ・・・ 大さじ3
しょうゆ      ・・・ 大さじ2
白ごま       ・・・ 大さじ2

【作り方】
1)黒豚もも肉は1cm幅程度に切ります。
2)ごぼうはマッチ棒程度の太さの千切りにしてあく抜きしておきます。にんじんはごぼうより少し太めの千切りにします。
3)フライパンに分量のごま油を入れて熱したら、2)ごぼうを炒め、少ししんなりしてからにんじんを入れて炒めます。
4)3)に1)の豚もも肉を入れ、日本酒、みりん、しょうゆも入れて炒めあげます。
5)最後に白ごまを全体にふりかけます。白ごまはできればすりごまか、切りごまにしましょう。お好みで一味唐辛子をふってもよいでしょう。

【レシピへのひとこと】
ベーシックなきんぴらごぼうに上泉さんの黒豚もも肉を入れて、いつものお惣菜をちょっとボリュームアップしてみました。
そもそも、私の母が作ってくれていたもので、私は大きくなるまできんぴらごぼうは必ず豚肉を入れるものだと信じて疑っていませんでした(笑)。
野菜をあまり食べたがらない子供に、喜んで食べてもらうための母の知恵だったのだなぁと今改めて感謝しています。
おかずだけでなく、ちょっとお野菜が苦手…、というお子様たちのお弁当に入れるのもおすすめのレシピです。

【みなさまへお知らせ】
今回から、写真のサイズを大きくしてみました。
臨場感たっぷりのお料理の写真もお楽しみくださいね♪
posted by 黒Bグルメ at 10:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。