2010年03月11日

生野菜と一緒にもりもり食べたい!! カレー・シチュー用黒豚肉を使った簡単焼き豚風

kantanyakibuta12.jpg


こんにちは。高窪です。
3月も半ば、桜の開花予想も出ていよいよ春がやってきます!
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

春を迎えるこの時期、暖かくなるのは本当にうれしいのですが、悩みの種は花粉症。今年は花粉の飛散量は例年よりもずっと少ないそうですが、それでもやっぱり困り者です。

さて、今回は上泉さんのカレー・シチュー用の黒豚肉で、コクのある焼き物を手軽に作ります。
たっぷりの生野菜とあわせて召し上がっていただきたい、一品です。

【材料】
上泉さんのカレー・シチュー用黒豚肉 ・・・ 300g

(A)
テンメンジャン   ・・・ 大さじ1.5
オイスターソース  ・・・ 大さじ2
しょうゆ      ・・・ 大さじ1
紹興酒       ・・・ 大さじ2
こしょう      ・・・ 適量

長ネギ       ・・・ 1本

ごま油       ・・・ 大さじ2

水菜やレタスなどの生野菜 ・・・ お好みの量
ミニトマト     ・・・ お好みの量  

【作り方】
1)長ネギは小口切りにします。水菜やレタスなどの生野菜は水でよく洗ってから水をしっかりと切り、食べやすい長さや大きさに切っておきます。
2)カレー・シチュー用黒豚肉と1)の長ネギ、(A)の調味料をボウルに入れて混ぜ、30分以上、できれば2時間以上置いておきます。
3)フライパンにごま油大さじ2を入れ、熱してから2)を入れ、フライパンに蓋をして途中で肉を返しながら蒸し焼きにします。
4)お皿に1)の生野菜を盛り、その上に3)を乗せます。フライパンに残ったソースと脂も全てかけまわします。ミニトマトなどを添えます。

【レシピへのひとこと】
上泉さんのカレー・シチュー用黒豚肉はおいしい脂身がついていますので、カレーやシチューに使うだけでなく、さまざまな料理に応用できます。
今回は、豚ばら肉の固まり肉で作る焼き豚のレシピを一部アレンジして、短い時間で簡単にできる焼き豚風のおかずにしました。
中華調味料は、なるべく化学調味料無添加のものを使っていただけると、味わいがさらに深くなります。また、オイスターソースが少し塩辛い場合は、テンメンジャンの量を大さじ2まで多くしてください。
下にひいてある生野菜と一緒に召し上がっていただくと、コクのある味とさっぱりした生野菜の味がマッチして、いくらでも食べられてしまう味です。
晩御飯のおかずとしてはもちろん、お弁当のおかずにもぴったりな応用範囲の広い一品ですので、みなさまも是非ともお試しくださいね。
posted by 黒Bグルメ at 11:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。